2014/04/17

IBM Notes/Domino 専用のQ&Aサイトがオープン!

みなさん、こんにちは。

先日の出来事です。あるコミュニティの XPages 開発ワークショップで、XPages の開発でわからないことがあったらどこへ問い合わせしたらいいでしょうか?という質問があったそうです。

以前なら「ドミノ懇談室」が広く普及していたので、そこでいろいろ助けられたという方も多いのではないでしょうか?

残念ながら、数年前からこのドミノ懇談室も閉鎖になってしまい、IBM developerWorks で代替の形で行っていたりしましたが、今度新たに Q&A サイトがオープンしました。

qa.xpages.jp

サイトから一部抜粋しますが、取り扱う内容は  XPages に限らず IBM Notes/Domino の開発/運用/操作など多岐にわたってOKのようです。

IBMが提供しているグループウェア用ミドルウェア「IBM Notes/Domino(IBMノーツ/ドミノ)」専用のQ&Aサイトになります。

 【質問内容】
  ・Notesの使い方
  ・アプリ開発における実装手段(Notes アプリ/Domino web/Xpages)
  ・Dominoの設定
  ・その他トラブルシューティング等



ドミノ懇談室同様、コミュニティ間でのやりとりで何かの強制が入ったりするわけではありません。必ずしも答が得られる保証はありませんが、ブックマークして常にチェックする価値はあります。

もちろんみなさんにも、そこで質問したり、回答をしてこのQ&Aサイトを盛り上げていただきたいと思います。

まずはユーザー登録から始めてみませんか?


追伸:
このQ&Aのお披露目が次のセミナーセッションでご覧いただけます。是非、どちらかにご参加ください。

セッションは以下のサイトからお申し込みできます。
4/22(火) 13:30~ チームスタジオ様主催 Webinar「XPages コミュニティ最新情報」 http://info.teamstudio.com/jp-xpages-webinar-apr

4/25(金) 19:00~ テクてくLotus技術者夜会 コミュニティー編
http://www.ibm.com/developerworks/jp/offers/events/techtech01/ 



2014/03/19

海外イベント、Engage が成功裏に終了

ヨーロッパで開催される ICS コミュニティのイベントのひとつ、以前は BLUG として行われたイベントが、今年は「Engage」と名前を改め今週 3月17、18の2日間で行われようです。IBM がブランド名に「Lotus」を使わなくなったことで、Lotus User Group も名前をこの「Engage」に変更した経緯もホームページ上で述べられています。
http://www.engage.ug/

規模は 2 日間で 50 セッション、IBM、IBM ビジネス・パートナーのスポンサーシップで参加者は無料で参加できます。
参加者の数は約 330 人。 ホームページの内容からすると講演者の数は 65 名。うち IBM Champions は 30 名で約3分の1のチャンピオンが講演者として参加しているようです。

今年のオーランドで開催された IBM Connect 2014 のほぼ同じ内容のセッションが、ユーザーグループ主催のイベントで行われるなんて、なんと凄いパワーか!

イベントの模様は Twitter のハッシュタグ #engageug を辿っていただくと、写真も結構アップされているのでお分かりになるのではないでしょうか?

マーケット規模を考えると、日本でもこれぐらいのイベントができてもおかしくないと思いますが、実現できていないのは、コミュニティのパワーが違うのか、方向が違うのか、構造が違うのか、いろいろと考えさせられます。これからを期待したいと思います。


2014/02/20

Ytria EZ Suite 12 が 3 月にリリース予定

Ytria のニュースレターを購読されている方なら既に一報が入っていると思います。この3月に EZ Suite のメジャーリリースがリリースされます。
http://www.ytria.com/URLRef/14news02/webnews?rqn5C152


まだ実物を見ていないの正確にお伝えすることはできませんが、ニュースレターの内容を見ると新たに「自動化」(Automation) の機能が追加されるようです。
「自動化」とは?
ツールを使用する際、この自動化によってユーザー自身でマクロを作成できるようなり、繰り返し行いたい作業をこのマクロを登録、呼び出すことでいままで個別で保存していたような内容を自動できるというもの。これがすべてのツールで使用できるようです。

加えて、この v12 では
  • グリッドの内容を Excel のネイティヴ形式にエクスポート可能
  • HTML やリッチテキストフォーマット内グリッドコンテンツにコピーペースト可能
  • scanEZ を使って文書全体に対して検索置換が可能
  • scanEZ で文書レベルの暗号化が管理できるようになる
  • viewEZ と databaseEZ で ビュー/フォルダーの索引のサイズを確認したり、索引を削除できる
  • databaseEZ でデータベースタイププロパティを確認したり変更可能
  • databaseEZ ですべてのデータベースの暗号化の状態を確認可能
  • databaseEZ で複数のデータベースのユーザー利用状況を表示したり、ユーザー利用状況の記録オプションをオン/オフに設定可能
  • replicationEZ でレプリカ間の文書および設計の追跡が可能
  • aclEZ でACL エントリの検索と置換が可能
  • aclEZ でグループナビゲーターとアドレス帳存在チェックの改善
  • scanEZ で文書検索のスコープの制限
などが挙げられています。
ツールを使用していて、こうだといいのにと思うようなところがかなり網羅されている感じがします。

個人的には特に scanEZ の文書全体に対しての検索が可能になった点に注目しています。これまでのリリースではある特定のフィールドにある値に対して検索がかけられたのですがこれがフィールドを特定せず文書全体にまで広がったこと。これで Teamstudio Configurator は開発専用(設計中心)、scanEZ は管理専用(文書データ中心)の棲み分けができたのではないでしょうか?

あとは databaseEZ のユーザー利用状況がどのように表示されるのかも注目したいところです。

日本語化の作業もこのリリースに合わせて前もって行います。
日本のユーザーの方には英語版(グローバル版)リリースと同時に日本語ローカライズも完了した形でお手元にお届けできる予定です。

楽しみにしてください。

2014/02/03

IBM Mail Next

IBM Connect 2014 の基調講演でアナウンスされた IBM Mail Next。会場で発表された直後は、斬新な UI、革新的なコンセプトに度肝を抜かれ、と同時に、メッセージングとしての Notes/Domino は終焉なのか?iNotes は?などなどたくさんの疑問が頭をよぎった瞬間でもありました。(私だけでなく会場内の聴衆者の頭の上にたくさんのはてなマークが見えたような気がしました)

Connect 期間中はみな Mail Next の話題を口にするものの、確かなことを知る機会もなく、モヤモヤのまま帰国し、ちょうど発表から 1 週間経ったところです。
帰国してから糸口を見つけようとすぐ海外のメディアやブログをチェックしましたが、やはりどれもまだ Mail Next がどんなものかを計り知ることは難しいようです。

はじめてのソーシャルメール、次世代の Web メール

これまでも「... Next」で出てきたものは最終的に何らかの製品になってリリースされているので、「IBM Mail Next」が製品そのものとしてそのままの名前でリリースされるとは思いません。「IBM Mail」となる可能性は大ですが。むしろ現時点では、Mail Next は以前 Project Vulcan で語られたような構想、コンセプトに近いものだと考えています。Vulcan のときと違うのは、具体的な対象とリリースのスケジュールがすでに明確になっていることです。それに比べれば今回はより具体性のあるアナウンスだったということです。

IBM Mail Next を簡単に表現すると、「ソーシャル」ライクな要素とアナリティクスを駆使した革新的なメールエクスペリエンスを提供する次世代の SaaS 型 Web メールといえます。では、これまでわかっていることを整理したいと思います。
次のスクリーンショットが基調講演でもお目見えしましたが、これはダッシュボードの部分です。

ダッシュボードをみると


まず、上段に人のプロフィール写真が並びマウスをフーバーすると、ミーティング招集、チャット、メール、コミュニティへの招待、ファイル共有などの丸いサークルがプロフィール写真の周りに出てきます。これで人を中心としたアクションがとれるようになっています。
その右側にはメールのインボックスへ飛ぶ丸い「Inbox」サークルボタン。
中段には今日一日のスケジュールが一目でわかる「Day At A Glance」ビュー。中段右には次のミーティングのタイトルと参加者のプロフィールが丸いサークルで表示されています。右角をクリックすると、フリップしてミーティングの詳細が表示されます。

下の段は、ユーザーが取るべきアクションをカード形式で表示されていますがタスクが表示されているのが見て取れます。

Mail Next はタスクに優先付けしながら日々の仕事をより効果的に管理できるよう支援するものをめざす、まったく新しい次世代のメールとなるはずです。

メールのミュート

下のスクリーンショットを見てもらうと、インボックスに切り替えるとメッセージが一覧で表示されるいるのがわかります。基調講演でデモされ語られたのはメールや会話(スレッド)を「ミュート」するという内容。
ある人からのメールの一覧が表示されるなか、ひとつのメールを差し、「ここでメールを削除したくないのミュートします。。。そして後でフォローアップします」というフレーズとともにメールスレッドの中から消えていきました。メールをミュートするというのはいったいどういうものなのか今の私の頭では理解できません。単にフォローアップのフラグを立てるのであればわかりますが。。。これもなにか新しい仕掛けがあるに違いありません。

組織チャート

また、あるメールに関与する(おそらく To やら CC に入っている)ユーザーの自分から見た簡易組織図がポップアップで出てくる機能も紹介されました。これも組織の階層情報をどこからもってくるのかなどの疑問が残ります。面白いことに、IBM Connect に参加されている日本の方からの意見では、日本の企業では役職の上下関係など表示の仕方に問題がでるかもしれないという話でした。ソーシャルへ舵取りをする、ソーシャルを取り入れる企業が上下関係で云々といっている時点で先に進めないし Mail Next を使う必要も効果もないと思いますが。

Connections か Notes/Domino か?

この IBM Mail Next は Connections 傘下の製品になるのがおおかたの予想です。Connections 製品になるとはっきり名言しているメディアもありました。
とすれば、Notes/Domino 9 Social Edition の後継ではなく、Mail Next は Notes からまったく独立したものになると考えられます。しかし、Notes のメールも「バックエンド」システムのひとつとして連携できると発表されているので、Notes のメールを API を通してこの Mail Next とシームレスに連携できるようにするのではないかと思われます。

クラウドとオンプレミス

IBM Mail Next は最初のベータはクラウドのみの提供になるものの最終的にはオンプレミスでも OK ということです。もちろん、IBM の CloudFirst 戦略(今回初めて聞きました)を一番に推していることからクラウドでの利用がほとんどになるのではと推測しています。


以上が私の中でこれまでわかっていることのすべてです。なんとなくではありますが、IBM が目指す方向は見えてきますが、実際動かしてみないとわからないことばかりなので、当面は今年の夏移行予定されているベータで確認してみないとわからないというのが率直な私の現在の感想です。
しかし、メディアや専門家からはこの次世代メールに関しておおむね好意的なフィードバックが寄せられていることを付け加えておきます。

さて、みなさんはどんな感想をもちましたか?ご意見ご感想ありましたらコメントに残しておいてください!

2014/01/31

IBM Connect 2014 最終日

冷たい雨の降る朝を迎えた IBM Connect 2014 最終日。クロージングセッションに向けての Must Attend のセッションはなんと言っても GURUpalooza!Ask the Product ManagersAsk the Developers のセッションではないでしょうか?
この3つのセッション、「つるし上げ」セッションとして大勢のエキスパートが登壇し聴衆の質問に応えていくシナリオのない形式で行われます。

そしてイベント最後のイベント、クロージングセッション。ではそれぞれご紹介しましょう。

GURUpalooza!

まずはIBM社員以外のいわゆる Guru によるセッションです。例外として昨年 IBM 社員になった Mat Newman がホスト役で登場。最初の雄叫びは「Good morning, Lotusphere!」変わらぬ黄色ぶりを発揮していました。

会場には質問用のマイクが 3 カ所設置されていて代わる代わる質問が飛び交います。質問は冗談交じりのものからシリアスなものから様々。
どうしたら IBM Champion になれんですか?IBM Mail NEXT どう思う?SmartCloudってどうなの?Connections はバックエンドシステムになり得るか?
そんな内容が話題にあがりました。

  DSC00803
DSC00805

DSC00808

Ask the Product Managers

 Sametime のラウンドカメラサポート、ロードマップやコミットメント、Sametime、Traveler のクラウド対応、巨大なデータベースをXPagesで使用する際のパフォーマンスの改善、MobileFirst での製品オフライン編集、ファイル同期、32kリミットの問題、プロジェクトに関わる開発者のリソースの問題、今回「Design」というのが一つのテーマになっているのに関わらず Notes/Domino の管理者用のデザインが未だに古く Admin の Experience はどうなってるの?、OpenSocial 活用を考えたときクラウドとオンプレミスでできることのギャップ、Sametime などポートフォリオのリブランディングなどがトピックにあがりました。
DSC00812

Ask the Developers

午後に入り、たくさんの人が集まってきたこのセッション。
恒例の Ask the Developers。製品が多いことと製品の中の細かい機能のことなどがなはされるので何を言っているのかわからない質問や答えも多かったのですが、 合計でどうでしょう50ぐらいの質問やリクエストが次々と開発チームに投げかけられました。

DSC00813

 

クロージングセッション

まず、日本でもおなじみのケビン・キャバナー氏と女性が登壇し、Connect の簡単なレビューと来年の IBM Connect の日程が発表されました。



来年は 1 月 25 日から 29 日のアナウンス

次に NASA の Dave Lavery による火星探査のサイエンスとテクノロジーに関する話、火星着陸のビデオ、火星でのアクティビティなど日本ではお目にかかれないような内容が盛りだくさんの内容。これを逃した方はきっと後悔されていると思います。


こちらが IBM Connect 2014 のフォトになります。
http://www.flickr.com/photos/mitsuru_katoh/sets/72157640297235794/


このポストで IBM Connect 2014 の現地からのブログポストの最後とさせていただきます。