slack

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2010/08/20

文書リンクが開かない? Ytria scanEZ で解決です!

以前、サーバー統廃合をされているお客様からこんなことを聞いたことがあります。

「文書リンクが貼ってあるデータベースがあるから、なかなか古いサーバーを無くせないんだよね。」
その時は、へーっ、どうしてかなァと思ってただ受け流していたのですが、その後、文書リンクのメカニズムを調べてなるほどと思いました。

Lotus のサポート技術情報の「文書リンクを開くときの...」から抜粋すると、文書リンクを開く際どのような手順でデータベースが決定されるのか?


  1. ユーザーのワークスペースにデータベースアイコンが追加されていればそれを使用する(複数ある場合は一番上のアイコンを使用する)
  2. CATALOG.NSF でサーバーを選択して検索する
  3. 文書リンクのプロパティの [ヒント:] に表示されたサーバーを検索する
  4. ユーザーのホームサーバーを検索する
  5. クライアントローカルを検索する
  6. 1~5 で見つからない場合、[検索するサーバーの選択] ダイアログボックスが表示され、自分でサーバーを指定する
とあります。
なるほど、何十台もサーバーが稼働していて、今回数台にまとめるような統廃合を行うような大規模なお客様には起こりそうな問題です。
サーバーを無くしてしまって、レプリカデータベースが自分のホームサーバーに無い場合には、ユーザーは自分でサーバーを指定することになりますが、一般のユーザーはどこにどのデータベースがあるのか知るわけがありません。

唯一の解決策は、文書リンクの中にある「サーバーヒント」内のサーバー名を新しいものに置き換えることです。

今日 Ytria の scanEZ 別の問題で使用しているときに、ハタと見つけました。
すべての文書を対象に、相違パネルで「相違」を実行。



すべてのアイテムが表示されると思いますので、表示内容を「リッチテキスト」のみに限定。

それぞれのリッチテキストフィールドを選択して、「その他」のボタンから
「リッチテキスト内の文書リンクを検索/更新」を選びます。


文書リンクのモディファイアで「サーバーヒント」列で表示されているサーバーを確認したり
修正したりできます。

修正は複数文書を一括で変更も可能です。

0 件のコメント:

コメントを投稿