slack

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2016/12/15

2017 年 IBM Champion に選ばれました!

年の瀬迫るこの時期に、例年どおり 来年の IBM Champions for Collaboration Solutions の発表 がありました。ありがたいことにその中に私の名前もリストに挙がっていました。本当にありがとうございます。

昨夜の夜中に届いた IBM 様からのメールで自分が IBM Champion に認定されたことを知りました。発表からしばらく経過しましたが、今はお昼休みを利用してこの投稿を書いています。

思えば、2011 年からの連続 7 回目となります。今年は、黒子に徹した感がありこのブログや Twitter 以外ではさしあたって表で見える活動はしていませんでした(裏ではいっぱいゴニョゴニョしてましたが)。今年はアピールできるものが少ないなと危惧していましたが、なんとか認定していただき安堵しています。今回はほんとにラッキーでした。


今回の発表では日本から IBM Champion に認定された方は計 6 名。2 名の方が新しく任命されています。ここでお名前を挙げさせていただきます。

再選
初認定
よく「IBM Champion になって何か良いことがありますか?」と訊かれます。

IBM Champions グッズがもらえるという特典や海外イベントへの優待などはありますが、仕事に直結したりビジネスが広がったりという経験もなく、何か特別待遇されたこともありません。ただ自分が何か見落としていることがあるのかもしれませんが。

IBM Champion になることで得られた財産は、海外の人たちと繋がりを持てたことと今、何が起こっているかがリアルタイムに把握できることに尽きます。恐らくこの繋がりや情報の収集の裏側はあまり知られていないかもしれません。IBM Champion 同士のコミュニケーション手段として、Skype のグループチャット、Slack でのやりとり、最近では Watson Workspace が立ち上がったり、定期的に行われるコミュニティミーティング、Twitter でのフォローしたりされたりと、いろんな方法で繋がることができ情報を共有(主に知る)ことができます。まれに正式発表がある前にオフレコで共有してもらえたりします。

今回の発表もあるイベントの最中に行うことがシェアされていたので、今晩あたりあるなと少し夜更かしして待っていた次第です。また製品の方向性や機能を決めるうえでフィードバックを積極的に投げたりと製品に参画できたりします。初めて認定された方には、是非こういった要素も楽しんでいただければと期待しています。


今回の発表では世界では、123 名の方がこの IBM Champions に認定されましたがそのうち 44 名の方が今回新しく Champion として認定されています。およそ約 3 分の 1 にあたります。今回選出されなかった旧知の方も多く、また新しい繋がりを構築するのが当面の目標になりそうです。