slack

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2017/08/17

MWLUG 2017

お盆休みも過ぎ、仕事に戻ってそろそろエンジンがかかってきたという方も多いと思います。ちょうど夏期休暇に入ろうとしている期間に、米国では「MWLUG 2017」という IBM ICS のコミュニティーイベントが開催されました。
http://mwlug.com/mwlug/mwlug2017.nsf/home.xsp

ミッドウエスト(米国中西部)のロータスユーザーグループの頭文字をとった名称で、毎年恒例となっているこのイベントです。
ワールドワイドのイベントでは、ヨーロッパの Engage.ug と肩を並べる一大イベントです。

余談ですが、私の所属する会社の本国もこれまで長年に渡り Lotusphere/IBM Connect とブース出展や講演などスポンサーとして関わってきましたが、近年の IBM イベントではコンセプトやターゲットとするオーディエンスが著しく変化してしまったため、他の Notes/Domino 関連のビジネスパートナーも含め、マーケティング投資を Engage や MWLUG ようなコミュニティイベントへと移行する会社が多いと聞いています。来年開催予定の IBM の統一イベント IBM Think への関心は全くと言って良いほど無いようです。

話を MWLUG 2017 に戻しますが、ワシントン D.C. の郊外、バージニア州のアレクサンドリで 8 月 8 日から 10 日 3 日間に渡り開催されました。セッション数も 50 に迫る規模になっています。すべてが ICS に関連しているセッションなので、よほど IBM Connect よりも濃い内容であったことは容易に想像できます。
今、Notes/Domino を含む ICS のコミュニティで何がトレンドなのかを知りたければ一度セッションのタイトルと概要だけでも一瞥すべきだと思います。
http://mwlug.com/mwlug/mwlug2017.nsf/sessions.xsp

何名かの講師からスライドが個人的にアップされていますが、まだすべてが公開されるかどうかは不明です。全体で公開されるのを期待したいところです。

基調講演については、チームスタジオのFacebookでビデオ撮りしていたようなので、時間があればご覧下さい。
https://www.facebook.com/TeamstudioInc/videos/1953414141339224/

面白いトピックとしてひとつ。
現在、Notes/Domino 9.0.1 に機能拡張を含む Feature Pack をロードマップにあげ、これを継続していくというリリース・ポリシーを採用しています。つまり Notes/Domino のリリースは 9.0.1 の固定のまま、短いサイクルで機能拡張版を保守契約しているユーザーに対してのみリリースしていくというものです。今回のアナウンスには、この Feature Pack 形態を変えて、元のリリース形態に戻すことを検討し始めているというもの。
9.5 もしくは 10 などのメジャーリリース方式に戻すというディスカッションを始めているとの言及が IBM からありました。実際問題、日本でもそうですが、ライセンス販売やそれに関連するサービスビジネスはビジネスパートナーにとっては大きな収入源、モチベーションとなっていたのですが、Feature Pack 方式に変更されてからそのメリットが享受できないため、どんどんビジネスパートナーが IBM から離れていることが肌で感じられます。
本当に元のリリース形態に戻るのか、ビジネスパートナーがそれで戻ってくるのか、ユーザー企業はそれをどう捉えるのかなど注視したいと思います。



0 件のコメント:

コメントを投稿