投稿

2月, 2018の投稿を表示しています

Ed Brill 氏が IBM を離れることに

イメージ
先週寂しいニュースを耳にしました。

IBM の Ed Brill が IBM を離れることになったそうです。IBM から離れ、人生の新たな転地として地元シカゴのヘルスケア会社に移ることになったそうです。Notes/Domino の開発を HCL 社へ移し、今回の氏のニュースを聞いて幾ばくか心配の種が増えてしまいました。

Ed Brill 氏は私がこのブログを開設する以前から Notes/Domino の最新情報を入手する重要な情報ソースとして http://edbrill.com/ 、おそらく 2007 年ぐらいのころから欠かさず眺めてきました。彼は私にとってはまさしく神様のような存在でした。

いつか彼に会って話をしてみたいとずーっと思っていました。が、ついにその時がきたのです。下の写真は、IBM Connect 2013で彼が「Opting IN」という企業へのソーシャル導入について執筆した本のサイン会で初めて会話しました。非常に気さくでどんなことでも真剣に耳を傾けてくれる思った通りの人だったことを今でも記憶しています。
 その後はあらゆるソーシャルメディアで繋がって繋がっていただきましたが、変わったところでは Strava というサイクリングやランニングのソーシャルメディアでバイタリティ溢れるのサイクリング好きの彼の活動ぶりを見ては彼のチャレンジ精神に敬服しっぱなしでした。これはこれからも続くもの期待しています。

直近の彼のブログには「My next chapter」http://edbrill.com/ebrill/edbrill.nsf/dx/my-next-chapter というタイトルで IBM のエグゼクティグを幼少期から夢見ていましたが、結局 Lotus Development からキャリアを開始し、のちに IBM に買収され結果的に夢見ていた IBM の社員となり、これまでの経験の数々を振り返っています。

下の写真は、昨年 Notes/Domino Day で彼が公演した後に日本の IBM Champions for ICS の面々と撮ったスナップです。

またこのように再会できることを願いつつ、Ed Brill 氏の今後の益々のご活躍をお祈りしています。
お疲れ様でした、そしてありがとうございました。

IBM Chmapions 2018 の発表のお知らせと今年も ICS 部門で選出されました!というご報告

イメージ
例年12月に発表されていた IBM Champions ですが、2018年はようやく昨日発表されました。1月には内定通知のようなメールが来ていましたが外部にはどこにも発表されていなかったので、これでようやくみなさんにお知らせすることができます。2011年から8年連続で頂きました、とても名誉なことです。

今年のすべての選出者のリストはこちらからご確認いただけます。

https://developer.ibm.com/champions/2018-ibm-champions/ 

ワールドワイドで合計 650 名が選出されており、ICS に限らずすべてのカテゴリーの Champion が載っているので自分の名前を探すのが大変で思わずブラウザの検索機能を使ってしまったほどです。


ICS 部門では私を含め日本から6名選出されています。それぞれの選出者の方はブログをお持ちなので覗いてみてください。
御代 政彦 氏 http://guylocke.blogspot.jp/田付 和慶 氏 http://www.ktrick.com/blog/吉田 武司 氏   https://www.ibm.com/developerworks/community/blogs/YoshidaTakeshi小野 誠 氏   http://ameblo.jp/mak1005/萩原 健補 氏 http://www.tanuchi.com/ 今年中には Notes/Domino 10 のリリースも控えていますので、ますますコミュニティーが盛り上がること間違いありません。是非、Champions 共々今後の IBM Notes/Domino の動向に注目してください。2018年はエキサイティングな年になること間違いありません。